アポクリン汗腺から出る汗が臭いの原因です

わきがの人

みなさん、アポクリン汗腺って聞いた事がありますか?アポクリン汗腺は、体のニオイと密接な関係があります。このアポクリン汗腺から出る汗を抑える事で、ニオイを抑える事が出来ます。

アポクリン汗腺とは

外分泌腺のうち、皮脂腺の様に腺細胞自体が内部に分泌物を蓄えた後に全体が崩壊して外部に排出される様式を全分泌腺(ホロクリン腺)、細胞体は壊れずに腺細胞の生成した分泌物のみ細胞から浸出する様式を漏出分泌腺(エクリン腺)と呼び、この両者の中間的な様式を離出分泌腺(アポクリン腺)と呼ぶ。すなわち、腺細胞が分泌物を生成し、内部に蓄えると、それを保持した細胞の一部が細胞の本体からちぎれて排出され、細胞本体は崩壊せずに繰り返し分泌物をつくりだす。漏出分泌腺と離出分泌腺は厳密には連続する側面があり、漏出分泌腺の腺細胞からも、微細な細胞断片が離出していることが確認されている場合がある。代表的なものは乳腺で、乳汁はアポクリン腺様式の分泌によって生成する。
~ウィキペディア引用

アポクリン汗腺のある場所とは

菌の増殖の原因

上の画像を見て下さい。エクリン汗腺がら出る汗は、サラサラしていて問題はないのですが、アポクリン汗腺から出る汗は、菌の繁殖と交わって、わきがの原因となります。

アポクリン汗腺がある場所は、主に脇の下が多いんです。

クリアネオには、殺菌作用があります。脇の下から出た汗が菌と反応して、悪臭を出すのを防いでくれます。

それでも、わきがが治らない場合には、最終手段としてアポクリン汗腺の除去を考えてみて下さい。お医者さんに相談する事をおすすめします。

アポクリン汗腺は、ニオイの原因となる汗を出します

エクリン汗腺は体温調節のために必要なもので、人のほぼ全身にあります。アポクリン汗腺は、人間の体のごく限られた部分にだけあります。

アポクリン汗腺のほとんどは、腋の下にあります。役割は、体温の調節ではなく、ニオイの原因となる汗を発生することです。

このニオイは、そもそも動物のフェロモンのように異性を惹きつける役目をしていたものです。ですが、現代人にはちょっと不向きなものかもしれません。正直いらないですよね!ニオイがキツイと、異性もなかなか近づかないですよね。

清潔感とか爽やかなニオイが良しとされる現代では、なかなか理解できる方が少ないと思います。しかしこれは、個性であり、否定するものではありません。差別やいじめは、いけません。

アポクリン汗腺から分泌される汗の成分

アポクリン汗腺から出る汗の成分は、脂肪酸や鉄分、色素、蛍光物質、尿素、アンモニアなどです。この汗に含まれている脂肪酸が、細菌によって分解されて、嫌なニオイを出すといわれています。

まとめ

アポクリン汗腺から出る汗を止めるには、クリアネオクリームを使うと効果があります。理由は、クリアネオクリームには、イソプロピルメチルフェノールという成分が入っているからです。

イソプロピルメチルフェノールは、血管を収縮させる効果で、汗を抑える効果があります。

クリアネオボディソープには、入っていない成分です。しかし、汗を洗い流したりするときには、力を発揮します。クリアネオボディソープは、抗菌作用もあるし、カキタンニンも配合されているので、ニオイ対策には重宝します。アポクリン汗腺から出る汗は、クリアネオクリームで抑えて、普段のお風呂での体を洗う時には、クリアネオボディソープを使うとニオイ対策に効果があります。

タイトルとURLをコピーしました