簡単に出来る汗を止める3つの方法【制汗クリームが有効な理由】

簡単に出来る汗を止める3つの方法【制汗クリームが有効な理由】

みなさんは、1日にどれだけの汗をかいていますか?

夏の暑い日はもちろんの事、寒い冬でも汗が多く出てしまうという方も多いと思います。

私は、体を動かす仕事をしているので、夏でも冬でも汗をかいています。

汗は嫌ですよね~ベタつくし、ニオイも気になるし。

みなさんは、簡単に汗を止める方法を知っていますか?

汗っかきの私が、いつも実行している、汗を抑える方法をご紹介していきます。

汗の量を何とか減らしたい!汗のニオイが気になるから汗を止めたいとお考えの方に簡単に出来る汗を抑える方法を記事にしていきます。

誰でも簡単に出来る、汗を止める方法とは?

誰でも簡単に出来る、汗を止める方法を3つご紹介します。

それは、体を冷やす事、体のツボを押す事、制汗クリームを塗る事です!

汗をかく方は、当然汗を拭くのでしょうが、なかなか汗を止めようと考える方は、少ないのではないでしょうか?

いつも汗をかく量が多く、そのニオイに悩まされているのであれば、汗の量を減らす工夫をしてみましょう!

簡単に出来る汗を止める方法その1、体を冷やして汗を止める!

主張 汗を簡単に止める方法の1つ目は、体を冷やす事です。

この方法は、本当に簡単に出来ます。

体の太い血管のあるところをを冷やして、体温を調整する方法です。

首の後ろや、脇の下、足の付け根の太い血管があるところを冷やすといいですよ!

体を流れる血液が冷やされて、体温が下がります。

ペットボトルや、冷やしたタオルも有効ですが、暑い日などは冷却シートなどを持ち歩くと便利です!

最近では、ネッククーラーや、持ち運びの出来るハンド扇風機もあるので、そういった物をお使いになるといいと思います。

簡単に出来る汗を止める方法その2、汗を抑えるツボを押す!

簡単に出来る汗を止める方法の2つ目は、体のツボを押す事です。

人間の体には、汗を抑える事の出来るツボがあります。

通勤中や、すきま時間に、ツボを押す癖をつけておくと汗をかく量が減りますよ。

汗を抑えるツボその1 合谷(ごうこく)

合谷は、とにかく万能なツボで、体の熱を鎮める効果の他にも様々な効果があります。

頭痛や歯痛、下痢や便秘にも効果があるという事です。

合谷の場所は、手のひらの親指の骨と人差し指の骨の交差する場所にあります。

汗を抑えるツボその2 後谿(こけい)

後谿の場所は、手の小指の側面を指先からなぞっていくと、感情線の根本あたりで骨がへこんでいるところが後谿です。

後谿のツボの効果は、体の熱を鎮めて汗を抑えます。

その他に、肩こりや、眼精疲労にも効果があります。

汗を抑えるツボその3 陰郄(いんげき)

陰郄の場所は、手首の横じわと、小指からまっすぐ下りたところに豆のような骨があって、そのちょこっと下あたりです。

陰郄のツボの効果も、身体の余分な熱を取り汗を抑えてくれます。

その他に、自律神経調整作用や眼精疲労に効果があります。

汗を抑えるツボその4 大包(だいほう)

大包には、顔や脇の下など上半身の汗を止める効果があります。

大包のある場所は、脇の下に下がる線が肋骨とぶつかる位の位置です。

大包には、顔や脇の下など上半身の汗を止める効果があります。

さらに、全身の関節痛などにも効果があります。

握りこぶしを脇の下に挟み込んだりして、刺激してみて下さい。

脇の下の多汗症の方にも有効です。

簡単に出来る汗を止める方法その3、制汗クリームを塗る!

汗を止めるのに、体を冷やしたり、ツボを押してもあまり効果の出ない方は、最終手段として、制汗クリームを使う事をおすすめします!

制汗クリームには、パラフェフェノールスルホン酸亜鉛という成分が入っていて、血管を収縮させる収れん作用で、汗を抑える効果があります。

収れん作用とは、皮膚や粘膜のたんぱく質と結合して、被膜を作り血管を縮める作用の事です。

制汗クリームは、色々な物が販売されていますが、このパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されている商品がおすすめです!

さらに付け加えるなら、殺菌、抗菌成分も入っているものが望ましいです。

そうなれば、汗を抑える事が出来て、汗が出ても殺菌と抗菌をする事で、菌が汗を分解できなくなり、ニオイを発生させる事が無くなるという事です。

2021年度おすすめのニオイケア商品【3つのクリアネオ】
こちらでは、2021年度おすすめのニオイケア商品のクリアネオを3点ご紹介していきます。クリアネオは、汗のニオイだけではなく、様々な体臭のお悩みを持っている方へ問題を解決出来る商品なので、是非一度ご利用してみて欲しい商品です。

市販の制汗クリームは、汗を止める事が出来るの?

市販の制汗クリームじゃ物足りない!全然効果がない!という方は多いのではないでしょうか?

それは、配合されている成分に問題があると思います。

制汗クリームとして販売しているのだから、当然、汗を止める成分が入っていると思います。

しかし、色々と調べていると、汗を止める成分が配合されているんですが、その他の汗や、体臭、肌に対するケアの成分が少ないと思います。

ドラッグストアなどで、¥1,000以下の商品などは効果が薄いと思います。

楽天市場やamazonで販売されている、エナビスやデオナチュレには、クロルヒドロキシアルミニウムという成分が配合されています。

クロルヒドロキシアルミニウムは、収れん作用があって、汗を抑える事が出来ます。

共通して、殺菌作用のある、イソプロピルメチルフェノールも配合されていました。

それでも、まだいまいちかな?と感じます。

制汗クリームには、汗を止めるのと同時に、殺菌や肌のケアの成分が豊富に入ったものがおすすめです!

汗が出る原因を知って対処しましょう!

みなさん、そもそも汗の出る原因を知っていますか?

ただ暑いから汗が出るだけではなく、緊張したり、辛い物を食べた時にも汗が出ます。

汗の種類には、温熱性発汗、精神性発汗、未覚性発汗があります。

気温が高い時に、体温の調節の為に出る汗が、温熱性発汗です。

会議や発表会などで緊張した時に出る汗が、精神性発汗です。

それと、辛い物を食べた時に出る汗が、味覚性発汗です。

運動不足の方や、肥満気味の方は、汗をかきやすくなります。

普段から、ご自身の体調を整える事が大切です。

これから、気温が高くなるな?とか、会議で緊張するかも?などというシーンが事前にわかっている場合は、デオドラントシートなどを事前に用意しておきましょう。

さらに、外出前に制汗クリームを塗っておくと、汗をかくことが気にならなくなりますよ!

まとめ

簡単に汗を止める方法は、体を冷やす事、ツボを押す事、制汗クリームを塗る事です。

特に、制汗クリームが有効な理由は、パラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されていて、毛穴を引き締める収れん作用という効果があるからです

外出前に気になるところに塗って置けば、しばらくは汗が気にならなくなるでしょう!

しかし、油断しないで普段からデオドラントシートやハンカチなどを持ち歩いて、汗が出た時には、必ず拭きとって、菌に分解されないようにしましょう。

初回¥490クリアネオ公式サイト

タイトルとURLをコピーしました