クリアネオのボディソープの成分

クリアネオのボディソープには汚れを落とす成分の他にもニオイを抑える成分も多く入っています。体に優しい成分がたくさん入っているので安心してご使用出来ます。
TOPページのクリアネオのボディソープも御覧ください。

クリアネオのボディソープに入っている植物性洗浄成分

  • カリ石ケン素地~水と油脂、水酸化カリウム(苛性カリ)を合わせたもの。ちなみに、水と油脂、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を合わせたものを石ケン素地といいます。
  • コカミドプロピルベタイン~別名で、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液といいます。組成名で、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液とも言います。天然由来の成分で作られている両性界面活性剤です。洗浄力は高めなのに、刺激が大変少ないため、大人用のみならずベビー用シャンプーにも多く使用されている洗浄剤です。
  • コカミドメチルMEA~コカミドメチルMEAは、ヤシ油由来の脂肪酸です。非イオン性界面活性剤です。洗浄剤の助剤として使用される成分です。起泡性、増泡性、増粘性の機能のある成分です。
    このような植物性洗浄成分で洗い流すからお肌にやさしいんですね!

クリアネオのボディソープのニオイの元を抑える成分

  • シメン5オール
    殺菌作用のあるシメン5オールは、制汗剤、ニキビケアの商品によく使われています。殺菌作用により、ニキビの菌やほかの菌に有効です。
  • クマザサ葉エキス

クマザサ葉エキスには、様々な作用があります。抗酸化作用があり、免疫力も高めます。さらにカビも防ぎます。

  • チャ葉エキス
    こちらも、抗酸化作用、抗菌作用、消炎作用などがあげられます。
  • オウゴン根エキス

こちらも、抗酸化作用、抗菌作用、収れん作用などがあげられます。

  • シャクヤク根エキス
    抗炎症作用、抗菌作用、抗酸化作用、美白効果もあります。
  • ユーカリ葉油
    殺菌効果、消毒効果、 抗炎症作用。また、皮膚を柔らかくする性質もあります。 肌に柔軟性を与えます。お肌にいい成分、様々なエキスが配合されていて、ニオイの元から抑制します。クリアネオのボディソープを使うか使わないかで、大きな差が出ると思います。

クリアネオのボディソープには、この様にたくさんの成分が入っていて、単純に汚れを落とすだけではなく、殺菌、消毒、炎症を抑える効果があります。さらに、ニオイを抑える効果もあります。クリアネオのボディソープを使い続ける事によって、効果も持続することでしょう。